スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
手話サークル
2011-04-19 Tue 21:50






寒くて足が氷のようだ・・





素足で歩く廊下はかなり冷たい。




そんな我が家は言わずとも知れたゲーム大国なのだけど、

今日目にしたのはやたら大きい「ニノ国」

RPGなんだけどしってるかな?

DSソフトなのだけれどやたらでかい。なんだろ。特典つき?



居間にある3DSはまだ覗いたことがないけれど、一体うちにはいくつゲーム機があるんだろ。。















えーっと



サークルの日でした。





この時期のサークルはどこも役員決めがとりあえず終わり、今年度の予定を話しあったりしています。


だいたいの予定は3月に役員会で決まり、会員と「どうしようか~」と話し合うのが4月。





今日の手話サークルも今年度のサークルの在り方や進め方についての話し合いが長引き、防災の話はカットされました。

わざわざ話にきた人がいたのに、御苦労さま。笑



意見が出ないよりいいこと。


色んな意見を聞き、すごく共感する面もあったし、自分なりに悩んだり考えたりしたけど…





それを文章化するのはめんどうだったり。え




意志を伝えたり思いを表現することは怠っちゃあいけないんだけど。何よりそれが今の自分に必要なことの一つだとも思っているし。

特に手話だと思いを言葉にできず。けどそれを伝えようとすることが大事なんだけど。






けどけど言わずに役員やったりして、自らをそういう場にもってこうかな…とか、考えるね。



やったから変わるかって言ったらそうではないけど。
自分で決めて、確実に達成したらそれは無駄じゃないと思う。
いつまでもこのままでいたくはないし。

ただ、悩むのは勿論やるからには…ってとこがあるからだし。中途半端と無責任だけは避けたい。苦笑











幾つかサークルをまわり、今は2つの手話サークルに通っているけれど、サークルの在り方や集まる人は実に様々だと感じます。


今通っている2つのサークルはどちらも割とろう者が多いけれど、


まずろう者がいないというとこで悩むサークルもあれば、

ろう者と聴者のニーズの違いによるバランスを考えたり、前者よりちょっとレベルの上がった問題を抱えるとこもあり…


聴者は手話を学びたかったり、単にろう者と交流したかったり。
通訳目指す人、仕事でちょっと使いたい人。子供がろうだからとか。



じゃあろう者はなんでサークルにくるのか?

情報が欲しいから?聴者と交流したいから?仲間の顔を見に?


手話のレベルを上げたかったり、聴者に手話を教えたい気持ちがあるからだったり。


日本語のレベルが上がると共に手話のレベルが下がり、魅力的な手話を使う年配のろう者も減ってくる・・



やっぱりろうとして危機感を覚えている人もいるはず。


自分は聴だけど、いろんな人の話を聞いていればそういう気持ちも伝わってくる。










様々な考えが集まる。サークル。







けれどサークルをまとめる人がしっかりしていると、今日の様に議題も深いものになってくる。


まぁ、ろう者に「サークルでは交流中心がいいですか?それとも聴者に手話を教えたい気持ちをもって、交流以外も考えていますか?」と聞いて、聴者に手話を教えたいって挙手した人間は少なかったけど。笑


これもまた問題の一つなんだろうなぁ。

よく聞くのは『ろう者のために聴者が・・』って展開だけど、ろう者がすべきことっていうのもきっとあるんだと思う。
それを感じて動いている人もいれば、我関せずな人もいる。



教える役割っていろんな意味ですごーく大事だと思うけれど、手話ができる上に教え方が上手い人ってどれだけいるんだろうか…











今日は『養成講座が終わって勉強する場がないから、サークルは勉強の場であって欲しい』と実際に聞いてちょっと驚いたりした。

よく聞く言葉だけど。


まぁ勉強したいなら自分で場を作ればいいじゃないと思ってしまうのは、その人が本気で勉強の場を探しているようには見えなかったからってのもある。

やりたきゃどうにだってなるっていう極論。

そもそも動ける人間はもっと他の場所にいるんだろうけど。




もちろんサークルに勉強の場があってもいいとは思うけれど、それにはどうしたらいいか。学習中心のグループを作るか。開催頻度は?毎週?隔週?講師は?




私は極端だし偏ってるから、手話を知りたきゃろう者にくっついて歩くなり、やりたきゃ自分で動けばいいと思うような人間だけど、やっぱり色んな人が集まる『サークル』という場だからこそみんなの気持ちを考えなきゃいけないわけで…


勉強したいって言ったって内容は様々だし。
コミュニケーションとしてか、通訳としてか、なんなのか。





まぁとにかく全部の思いを叶えることは難しい。


結局はみんなが楽しく過ごせるようにという気持ちが大事かもしれない。




でもきっと根っこになる方針は揺らいじゃいけない。


みんなに認められるなんて無理な話なんだから、サークルとしてどうしたいかを決めて、それに協力したいと思える人を中心に、更にそのほかの気持ちも考えながら試行錯誤していかなきゃならない。







いつでも正しさが通用するわけじゃないし、そんなことが言えるレベルでもないのがね。


でも考えていきたいかな。




せっかく全国巡って手話サークルも見学してるんだから、もっと生かしていけたらいいな。









いろんな人がいろんな場所で試行錯誤しながら、みんなよりよくありたいと願ってる。




いいものは受け入れて、全員が少しでも当事者意識をもって物事に参加してくれれば・・











なーんて、難しいことなんだなと教わる。苦笑








別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<カナルカフェ | MARE | モスバーガークラシック>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| MARE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。