スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
無題
2011-04-05 Tue 20:56




終点まで行って折り返して帰ってきた











病気とは「結果」だと思う。


薬を飲んで、抑えたりなんだりできても、やはり元を正さないことには解決しない。



事が起こるには必ず原因があり、それは病気にもいえることだと思う。
もちろん全てがそうではないだろうけれど。








よく聞く話で、具合が悪くて医者に診てもらいにいったら「ストレスですね」と言われることがある。



これを医者のテキトーな診断だと言う人もいるだろうけれど、あながち間違っていない。






病は気から。

日々の考え方、環境、習慣・・いろんな要因によって疲れやストレスがたまり、それが目に見える形で現れる。







身体はきっと気付いて欲しいんだ。そうやって改善を望んでる。まずはそのサインに気付くことから始まる。















とりあえずどうしたらストレスが軽減されるのかということに悩んでるわけで。

いろいろ調べてみてもいまいち役立たない。







自分は楽観→悲観→楽観というふうに、根本は楽観的でしかも忘れっぽいため大丈夫なんだけど、


器用で繊細で、人を頼らない人間はそうもいかない。





私だって頼らないし、頼れない。

抱え込み易いのか、単に人を信頼していないのか。物事に対する諦めかもしれない。他人が自分に関与してきたところで何かが変わるとは思えない、とか。

習慣がないのかも。方法がわからないとか。最初の一歩が大変なだけかもしれないし、それでバランスが崩れるのも・・






甘えられないだけで、100%甘えたくないわけじゃない。


自分の場合は甘えられないことを理解してくれることがそれだけで「甘え」だと思う。













結局人を変えるのは人だと思う。

否定は肯定の表れであり、諦めの裏には期待がある。



自分のことは自分が一番よくわかる。

だからまぁいざとなったらどうにでもなる。


けどそれ以外のことは想像するしかない。察して動くしかない。自分が思うより一歩思い切って訴えかけるしかない。









もっと賢かったら、この傲慢さや単なるお節介から逃れられるのになぁ。








ストレスフリーを目指すなら環境を変えるべきだし、睡眠不足解消にはリラックスが必要。






そんなのわかるけど!

そう簡単じゃないもん!













わ。痒くなってきた。苦笑





環境を変えて仕事を辞めるとしても生活があるわけで。
誰かに養ってもらうにしてもその心苦しさがストレスになったりして。

リラックスでアロマやマッサージをしても気休めに過ぎない気がするし。





根本だよ。こんぽん。根を絶たないと。







人に相談しても誰も答えを知らない。

だってその人を知らないのだから。

万人に通じる改善策なんてない。




どうしたら、どうしたらって考えるけど、私が考えてどーする!って思う。苦笑



自分の出る幕がないとしても何か改善策はあるはず。










うーん




一般的な社会人のストレスといえば、やっぱり仕事、かな。



もし環境を変えるという意味で仕事を辞めるとして、

得たものを手放すのは怖いし、不安だけど、それはもしかしたら小さなことかもしれない。







人は行きつく場所に行きつくし、帰りたい場所に帰っていく。


大きな視点で考えればどうにでもなる。けどけど











なんかぐるぐると考えているけれど、考えるのは好きじゃない。だって考えて解決するなら苦労しないもの。






もどかしいけど、結果を求めるのはエゴだと思うから、じっと待つべきかもしれない。



でももっと大胆に動くべきかもしれない。






正直わからない。

手も足も頭も全部いつでも動けるけれど、自分の存在がストレスの一部だとしたら・・




前科があるから正直自信がない。




助けたいのに自分の存在が悪影響だということを受け止めるのはちょっと辛かった。



いなくなることが最良の方法だなんて。









過去はどうでもいいけど、とにかくぐるぐるする。


なんだってできるけど、


悔しくて涙が出る。



自分が自分じゃなかったら、もっと何かできたかもしれない。そんな意味のないことさえ考える。












人が辛そうにしていて、力になりたいけれど、もう何度も拒否されて、どうすべきかわからなくなってる。






人任せにするつもりはないけれど、私じゃダメなら、別に自分じゃなくてもいいから、半分もってあげてほしい。




大切な人がいるなら、その大切な人に「傍にいてあげて」と言いたい。一人と二人は違うから。



一人で過ごす自由さには責任や緊張感が伴うから。辛い時は誰だって辛い。











代われるものなら代わりたい。








せめて望む相手が支えてあげて欲しい。





別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<しいの木 | MARE | >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| MARE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。