スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『日本手話?日本語対応手話?』
2010-12-11 Sat 20:59



今日の講座は講義。


どんなろう者がくるのかなぁ






…と、思っていたら、


講師の紹介は日本語のみ。






え?聴者?


それだけでなんかガッカリ。笑



どんな手話が見れるのか楽しみにしていたのに裏切られた気分。


しかもその話たるやつまらないのなんのって…


自分自身が話上手ではないから、あまりそんなことも言わないのだけど、

今回のテーマは『聴覚障害の基礎』



別にテーマはいいんだよ。

ただその内容がね。



音素

感音性難聴



単語を並べるだけ。


とは?なに?


と続けばまだ中身もあるけど、単なる試験対策。


まぁ別にいいんだけどつまらなかった。


そうだよね。手話をやりにきてるんじゃなくて、通訳者を目指してるんだもんね。ですよね。





ちょっとガッカリして講座を終えて、千葉から東京へ移動。


18時半から田町で講演会だったので、その前に急いで映画へ~



と、思ってチケットカウンターへ向かい、

『これ、ゴダール』

とお姉さんに伝えると


『こちら特別上演ですのでフリーパス対象外です』








そんなっ

急いできたのにそりゃないよ!

お願いだから小さい注意書はやめてくれ。



悩んだ末に別の映画を一時間だけ観ることに。


そんな見方が出きるのもフリーパスのおかげ。
一番後ろの端の席で講演会までの時間を潰すことに。






で、


肝心な講演はといえば、

人が溢れかえっていました。



随分人気なんだな…

この前の那須さんはそうでもなかったのに。笑


500円払っての2時間立ち見はキツかった。けど、昼間と比べたら面白い。


テーマは『日本手話?日本語対応手話?』

講師は田中清さん。


ろうのメンバーから聞くと、『田中さん?あぁ、いいよいいよ』と捨て去られるけど、実際話を聞いてみて今のところ拒否反応はなし。笑


田中さんに関する基礎知識が全くなかったので、『あぁなるほど、コーダなのね』と見ていたら目が乾燥しました。


手話やって、その後日本語やってって講義の仕方は初めてみた。

自分的には対応だと頭がこんがらがるので助かったかも。



語数制限があるから内容は省略するけど、


とにかく

映画気分から一気に手話へシフトチェンジ。単純。笑


帰って秋山さんの壺でも見ようかな。



別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ビジョン | MARE | おめでた>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| MARE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。