スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
尊敬
2010-11-19 Fri 18:42





白いバラの花言葉は『尊敬』


渡すのは青でも良かったけれど、人工的なのは何だか痛々しい気がして。

青バラだと花言葉は『奇跡』だしね。意味合い的にも微妙だ。


黒が似合う人ほど、白も似合う。

















冷えてきましたね。

イルミネーションの煌めきと、師走に向かう街。


日本人はすぐイベントに乗っかって、これほど無宗教な国もないんじゃないかというくらい。
クリスマスを商業戦略と捉えるも、恋人たちの祭典ととるも自由だけれど、
人が人に優しくなれるならやっぱりこの時期が好き。




ちょっと体が重く感じるくらいの厚着をして、
早足で歩きながら山下達郎を聴いていると冬を何倍も楽しめる気がする。









今日は久々の有給。

たまっていたドラマ見ながらPCに向かい続けていたら日が暮れました。

最近そんな過ごし方が増えて、日に日に性急さが薄れていく。

ラルクの疾走感より、リベラのたゆたう感じに身を浸すのが心地よくなってきました。


年を重ねるって良くも悪くもそういうことなんだと思う。
肩の力が抜けて、自分も少しずつ大人になるのかも。





先週から会社関係の手話講習会に参加し始めました。
親会社が主催で、毎年この時期に開講して来年の2月くらいまで、全10回行います。

去年受講できなかったので、今年は~と思ってはいたけれど、日にちが毎週木曜日のため自分のサークルと被っていることがネック。


サークルに通えず手話を忘れそう。

本末転倒になることを恐れたけど、一度は通いたい気持ちが強かったので通うことに決めました。


そしてきっと手話は忘れると思う。

けれどやっぱり手話とはゆっくり付き合っていくのが、自分と手話のバランスなのかなって…思ったり思わなかったり。

そして結局、悩むより動くことしかできないや。





講習会の講師は谷千春先生。

さすが大企業。そんなとこにまでつてがあったか。

講座は毎年一回。今年が第16回だというので、まぁ長い歴史かもしれない。





谷先生に初めて会った時は『この人苦手かもしれない』と思った。なんとなく。

なんだか、いかにもって感じの人で、乱れないその表情が少し怖かった。


でも昨日第2回目の講座に参加して、講師としては適任だと思う。
適度な距離を感じるくらいがいいんだ、きっと。
初心者相手に手話をバンバン使うより、その人にはその人の築いてきたやり方があって。


20歳の時に手話通訳士の試験に合格した谷さんはもう30年近く通訳を続けていて、今から30年前の状況ってどんなだったのかな…




講座は一時間半の内容だけど、内容的にはかなりサッパリしてる。

まずその日の単語をほんの少しやる。

2人組やグループでお互い確認しあったりしながら。


その後先生の話が入る。
講義っていうより『はなし』





私は以前にこうこうこんな経験をしたことがあるんですよ


皆さんはどう思いますか?






って。



例えば昨日の話は、






友人とエレベーターに乗っていた


ドアが開いて降りようとすると、突然後ろからおばさんが



『あんた、人の足踏んでおいて謝りもしないの!?』



と、怒鳴ってきた






隣りにいた友人が小さく呟く




ああ、しまった…私、きっと足を踏んでいたんだわ…








その友人は先天的に右足の足先がなくて、義足をしていたんです。

おばさんに対してはその場でくるっと向き直って、頭を下げて謝りました。



他には股関節がよくない人の話、脳障害、色盲、ろう…

自分の色々な経験話を聞かせてくれました。









私は以前から『無知は罪か』ということに悩んできました。


知らないから気付けない


それって仕方ないことなのか?知ろうとしないことが罪なのか?



物事を多面的に見ることができた方が、世の中は今よりもっと奥深く、もっと色鮮やかなのだと思います。




思慮深さにはかける自分だけれど、この目で見て、肌で感じたいと思う限り体は動き続けるのかも。








来週も講座。

周りの人に話しかけはするものの、娘っこはなかなか相手にしてもらえないや。笑



別窓 | no title | コメント:0 | トラックバック:0
<<イゾラ | MARE | お決まりの>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| MARE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。