スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
キャラバンサライ CABIN
2011-04-21 Thu 22:51






一人が一人を本気で支えれば世の中はうまくいく気がしてしまう








実際はそうもいかないけれど、

そうやってシンプルに生活すれば争うこともないのに。


複雑にするからいざこざが生まれるんだ。




手間を増やせば仕事がうまれて、働き口が増えるのかもしれないけれど、

きっとこのままじゃ機械化は進むだろう。


自給自足で暮らしたってなんら問題もないのに。





なんでこう何もかもが複雑なんだか不思議。




便利=幸せ


とは思えない。


そう思う限り、とりあえず世の利便性に携わる仕事は気が進まないかな。













最近ずーっと自分の役目について考えているけれど、
とりあえず私は進化を望まないタイプかもしれない。


「よりよい時代、よりよい暮らし」を求めて今の世を築いた人もいれば、

多くを望まず、ただ身の回りの人を大切にしたいとあれこれ人の世話をやきたがる人もいる。






大きく制度を変えようとする人が「立派」であるとは思うし、一つの物事にかける情熱と時間に敬服することだってある。

そこに努力が見えたら、努力できない自分からしたら立派なもんだと言ってもいい。




世の為に働く仕事が「立派」だとも思える。


医療や救助、教育や政治だって。

























でもやっぱり大根は大根なんだ。








にんじんはにんじんらしく歯医者を勤める。





じゃがいもはじゃがいもらしくピアノを教える。






しいたけはしいたけらしくケーキを作る。












大根はにんじんにはなれないし、じゃがいもはじゃがいもにはなれない。





それがよーくわかっているけれど、自分が理由つけて諦めてるだけなんじゃないかと思うと・・なんだかまた悩んでしまう。



でも人より「劣っている」という意識につけこまれて格差がうまれるのなら、どんな生き方でも誇りと自信を失うべきじゃない。







大事なのは自分の気持ちと、いかに本気で向き合えたかなのに。

私はほうれん草になりたがったり、かぶを夢見たりしている。




















大根の願い。







それはまさに宇多田さんの一曲だ。










とかなんとか。


まーいいや。












4/4


以前から気になっていた津田沼駅前に新しくできた店



「キャラバンサライ」という名は津田沼には実はもう一店舗ある。


しかしただ名前が同じというだけ。もう一店舗の方は気にいって何度か利用したことがあるのだけど、こっちは・・・






23.4.4




23.4.4




23.4.4




レディースセットという名の大人プレート。笑



見た目は悪くないけどやっぱりファミレス。家族経営のファミレスなのか店内には子供が。。





店の印象はとにかく定員の女性が個性的過ぎてうるさい!




でも隣に座っていたマダム連中は「おいしいおいしい」と言いながら盛り上がっていました。




うーん


やっぱり人によって求めるものが違うんだなぁ





スポンサーサイト
別窓 | 習志野 | コメント:0 | トラックバック:0
| MARE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。